外国人の彼女が欲しい皆さんに。さまざまな外国人との出会い、そしてどうやって彼女を作ったか、スペイン人女性と結婚するまでの過程をつづっていきます。同じ境遇の魅力的な日本男児を応援しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< イタリア人女性との出会い | main | ヨーロッパ人の美意識の違い >>

フランス人女性との出会い

フランス人女性との出会いは主に2回めぐってきました。

一度はロンドンでの英会話学校。初の黒人の女性でした。黒人と言うと全てが大きくて近寄りがたい雰囲気がありますが、彼女は小柄で太ってもいない普通のタイプでした。

お互いにファッションに興味があったこともあり、あまり最初は全く興味なさそうなフリをされていましたが、そのファッションに関する話題から徐々に仲良くなっていきました。

これは日本だけでなく、海外でも、相手を計る尺度として自分の詳しいことだったり、または同じ話ができる相手だったりします。また、興味なさそうなフリというよりも性格がおとなしかったので、よっぽど話したいと思わせるか、その子がラクに話せる話題があるというのは大きかったですね。

徐々に仲良くなっていくと、彼女から誘われたりもしました。彼女自身、黒人であることのコンプレックスもあるんですね、アジア人相手でも。黒人特有のチリチリした毛を、「私の髪の毛は壊れてる」なんて表現もするぐらいですから。でも、そんな彼女でも受け入れてくれそうな雰囲気が自分にあったんですね。ただ、自分の気持ちが揺れながら・・・でしたが。

とてもオシャレだし、スタイルの良い彼女でした。ただ、欧米の人って日本人ほどしっかり毛の処理をしないんですね。足や脇はするんですが、特に腕とかはしない人が大半です。ブロンドならあまり目立たないんですが、黒人の人となるとどうしてもしっかり生えてるのが見えてしまう。胸元やうなじに生えている毛に幻滅してしまったことを覚えています。

今までに経験のない黒人さん。。好奇心もあったんですよね。でも、やっぱり男は彼女とのSEXまでが想像できる範囲の相手でないと付き合うことはだめなんですよね。また、自分はただやるだけの相手を探してたわけではなかったので。

一緒に色々しましたが、結局キスまで行くことができない自分がいました。

その後、もう一人。

フランスの友人にリールと言うところのパーティに招待されました。
フランスではよくそのアパートで友人を招いてパーティを開いたりすることがあります。バンドも呼んだり、お酒や食べ物を販売したり。自由でいいですよね。

さて、そこで音楽の話題で仲良くなったかわいいフランス人女性に知り合いました。英語はあまりしゃべれなそうだったんですが、やっぱり共通の話題があると話が弾みます。

いや自分の理想に近い女の子でした。今でも自分がもし結婚できるとしたらと考えると、彼女も候補に挙がるぐらい。でも、そんな希望も、最初に交換したときに電話会社の理由で?電話ができない、テキスト(SMS)もなぜかできないと言うすごく単純な理由で・・・彼女がフェイスブックでロンドンに来ることを知らせてくれたのにもかかわらず、携帯での連絡が取れず、可能性を高めることもできませんでした。結局積極的なプッシュもフェイスブックだけでは功を奏すこともなく。

でも、考えてみればですがね、日本みたいなすごく複雑な駆け引きはあまり外国人相手になかったなと総体的に思うんです。だから、積極的にプッシュできさえする環境にあれば、と自信があるのもそんな理由かなと思います。

スポンサーサイト


COMMENT









アーカイブ