外国人の彼女が欲しい皆さんに。さまざまな外国人との出会い、そしてどうやって彼女を作ったか、スペイン人女性と結婚するまでの過程をつづっていきます。同じ境遇の魅力的な日本男児を応援しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< スペイン人女性との出会い(その1) | main | 高校や大学の頃に戻った感じ >>

ミラノでストリップクラブ

ちょっと脱線。

久々にウェブサイト見たら今もまだやってた〜!こんな不況下にというか、私と友人が行ったときなんてお客さん三組ぐらいしかいなかったんですよ。このストリップクラブ大丈夫かな〜と心配になったもんです。だって、ストリッパーの人数が多かったんです!

実は、日本に帰る前にイタリアに行ったんですが、最後だし面白い思い出残したいな〜と思って何かないか探してたんですね。ミラノならあるでしょ〜って思って。そしたら見つけました、唯一でしたけど。ある意味何の前情報も無く、日本人二人でよく行ったもんですよね。自分を尊敬します笑。

さて、金額はいくらだっただろうか。覚えていないが、日本のに比べるとかなり安かったという印象。入場料は25ユーロ(3000円)程度だっただろうか・・・そして飲み物を頼んだり、チップを女の子に渡したりだったような気がする。

彼女らは、主にルーマニア、ロシアが多い。結構年齢が行っている子が多かったんですが、それでもきれいな子はいました。もちろん、ちょっといかつくて日本人には無理だな、って子もいたり、ボリュームがありすぎだったりとか。また、プライベートダンスというのもあって、それも50ユーロぐらいだったかな?せっかくなんで自分の好みを見つけようと超じろじろ見漁る感じで楽しかった。

最終的にLorenaという女性に目をつけました笑。ルーマニア出身で当時24歳だったか。いやもう、触れたくてしょうがないという感じで変態なおっさんでした笑。しかも、実際のそのプライベートダンスの際にも、がんばればその先も行けた気がしました。お金があったのなら、という条件ですが。

でも、思うんですよね。こういうのって、きっと相当度胸がないとできない。異国の地で、水商売系に手を出すって。こうやって少しお金を払って、外国人女性と接するのに慣れるのもいいかと思うんですよ。

ちなみにこちら、http://www.strip-tease.it/
こういう世界もあるんだ〜!と思いますよね。

スポンサーサイト


COMMENT









アーカイブ